fc2ブログ

原材料は溺死者?デンマークに登場した魚のエサ

Don't End Up As Fish Food

世界でも有数の漁業国であるデンマークで、新しい魚のエサが開発されました。ドクロマークのついた怪しげな瓶に入ったこのエサは、なんと原材料に海で溺れ死んだ漁師や水兵を使用している、という触れ込みです。

果たしてその真意とは。



海で働く人々にとって、最も死ぬ確率が高いのは船から落ちて溺れてしまうこと。

過去に海に落ちて死んでしまった人のうち、ライフジャケットを着用していたら75%もの人が生存できていただろうと言われています。にも関わらず、自らの経験を信じてライフジャケットを着用しない漁師も多いそうです。

海で溺れて死ぬと、魚のエサになってしまう。

そんな皮肉を込めつつ、海上での安全の確保とライフジャケットの着用を啓蒙するために考えられた商品でした。

20160713_01.jpg

さすがに本当の原材料は別物…のはず。これから夏を迎えるにあたり、漁師だけではなく海や川で遊ぶ人も安全確保に努めなくてはですね。

参考サイト:Creative Criminals
http://creativecriminals.com/the-safe-sailing-council-trygfonden/don-t-end-up-as-fish-food-1
関連記事

コメント

非公開コメント