fc2ブログ

PUMAが開発した目標タイムの可視化ロボット

Buy lightbulbs

日本でもお馴染みのスポーツブランド「PUMA」が、短距離走者の努力目標を可視化するロボット「BeatBot」を開発しました。



このBeatBotは100メートル走や200メートル走といった短距離走を練習する際、横に並んで一緒に走ってくれるというもの。

走行距離と目標タイムを入力すると、その設定通りに走ってくれるます。つまりBeatBoxより早くゴールすれば、目標タイムをクリアできるというわけです。

BeatBoxは様々なセンサーを搭載しているようで、コースから外れることなく正確にゴールを目指して走ります。特に前方にあるカメラはトラック上のラインを画像認識によって捉えているため、200メートルのコースのように曲がっている場合でも問題なく使えるようです。

20160502_01.png

目標物やバッテリーさえ確保できれば、長距離もいけそうですね。目標が見えていると、努力を続けるモチベーションにも繋がりそうです。


参考サイト:TREND HUNTER
http://www.trendhunter.com/trends/running-robot


関連記事

コメント

非公開コメント