fc2ブログ

"カードで切る"募金活動

Misereor: Credit Card

ヨーロッパでは全ての支払いをクレジットカードで済ませてしまう人が全体の40%以上も占めるそうです。そんなクレジットカード文化にピッタリの募金施策が、ドイツのNPO団体「Misereor」によって行われました。



パンの映像が移された大きなデジタルサイネージ。

サイネージの中央にはクレジットカードを読み込むためのスリットがあり、そこからクレジットカードを読み込ませると、2ユーロの募金を行うことができます。

この時の「クレジットカードを差し込んでスライドする」という動きが「パンを切り取る」という動きに繋がり、その動きに合わせて切り取られたパンが貧困にあえぐ人に提供される、という募金という行為に対する具体的な成果がサイネージに映し出されます。

misereor_credit_01.png

またパンを切り取る以外にも「縄でつながれた手を切る(=奴隷状態からの解放)」というパターンもあるようです。

募金を行うための装置にインタラクティブな要素を加えることで、思わずやってみたくなるような気持ちにさせる良い施策。募金をすることでどのような形で救われる人がいるのか、ということも伝わりやすくなっていると思います。

参考サイト:Creative Criminals
http://creativecriminals.com/misereor/credit-card

関連記事

コメント

非公開コメント