fc2ブログ

寄付するものはバッテリーとスマホ画面

Screen Donor

医療ボランティアを世界各国に派遣して人道支援に取り組むNGO団体「Doctor of the World

ボランティアとはいえ活動資金は必要なのですが、その資金調達をするための広告費の捻出も難しい状況の中、ある画期的な方法でプロモーションを行いました。



彼らが目を付けたのはスマートフォン。それも食事中や会議中などで使っていない状態のスマートフォンです。

どうせ使っていないのなら、そこに広告を表示させてもらおう。そう考えたDoctor of the Worldは、広告を表示するだけのアプリをリリースしました。

もちろん広告を表示するだけなので、利用者へのメリットはほぼありません。

ですが少量のバッテリー消費と使っていない画面を寄付する、という形で気軽にDoctor of the Worldを支援できるのです。

20150218_01.jpg

商業的な目的の広告ならまず表示をしてもらえることはできないと思いますが、そこは人道支援を目的とした団体ならではといったところ。

ただ広告を表示するという直球なアプリながらも、単純だからこそ効果は期待できるのかもしれません。

参考サイト:Adeevee
http://www.adeevee.com/2015/02/doctors-of-the-world-screen-donor-mobile/

関連記事

コメント

非公開コメント