fc2ブログ

環境にも経費にもやさしい、再利用可能なインク

Rebirth After Reading

サムスン傘下の広告代理店「Cheil OpenTide」が、環境にやさしい再利用可能なプリンター用インクを開発しました。

といっても再利用するのはインクではなく、プリント用紙の方です。



Cheil OpenTideが開発したインクは、一般的なインクジェットプリンタで使用可能なもの。

通常のプリント用紙にプリントすることができますが、そこに印刷された文字やイラストは72時間後には消えて見えなくなってしまいます

そして印刷が消えたプリント用紙は、再利用することができるというわけです。

このインクによって、プリント用紙の消費量を60%も削減することができそうです

20150217_01.jpg

このアイデアは元々、子供用のらくがき用ペンから触発されて生まれたそうです。こすって消えるペンは日本でもフリクションシリーズが有名ですが、時間放置で消えるペンもあるんですね。

契約書など重要な書類はともかく、文字校正や仕様チェックなどでちょっと印刷したい、なんてケースにすごくマッチしそう。

あとはこのインクにどれぐらいコストがかかるかが気になるところ。プリント用紙以上に高かったりして。

参考サイト:Creative Criminals
http://creativecriminals.com/friends-of-nature/reusable-ink

関連記事

コメント

非公開コメント