fc2ブログ

輪郭をなぞってデータを取り込む3Dスキャンツール「01」

01

スマホのカメラを使った多方向からの撮影や、Kinectのような深度センサを使った取り込みなど、ある物体の形状を3Dデータとして取り込む方法はいくつかありますが、新たに「輪郭をなぞる」という方法で取り込むためのツールが登場しました。



ペンのような形状をしたこのデバイス「01」は、先端の黒い部分で取り込みたい物体に触れながら、輪郭をなぞるように動かすだけで簡単に3Dデータとして取り込むことができます。

あくまで輪郭なのでワイヤーフレームのようにはなりますが、CADデータとなるので取り込んだこと後は一般的な3Dツールで編集できます。

既存のツールでは取り込みにくい巨大なものや複雑な形状のものを、仮データとして取り込んでみる、なんていう使い方ができそうです。

20161208_01.jpg

現在indigogoでの資金調達を行なっており、投資額は79ドルから受け付けています。

先端(というか本体の逆側)にペンやスタイラスをつけられる通常の「01」の他、本体だけの最小モデル「01Go」の2種類ありようです。

参考サイト:TREND HUNTER
http://www.trendhunter.com/trends/instrumment-01go
関連記事

コメント

非公開コメント